江戸川区周辺の不動産のことならトキビル不動産にお任せください。

賃貸情報

2018.07.07

引越業者の選び方(体験エピソード)

本田美香

 

さあ、住み替える家が見つかったあなたがまずやることは?
『引越業者を予約』することです!

【手順】
①住む家が決まったら、引越業者に見積もりを依頼しましょう。
 ・引越業者さんのパンフレットを仲介不動産からもらう(割引があります)
 ・時間があれば2~3社の引越業者さんの見積もりをだしましょう

②引越日を設定して引越業者に予約をしましょう。
 ・引越業者さんから段ボール、ハンガーBOX,布団ケース、ガムテープ
  等を事前に無料配布してくれます。

③電気、ガス、水道、電話、インターネット会社に引継ぎの連絡をいれましょう。
 (現在住んでいる家と新しいお住まいのへ切替日を伝えます)
  ※ガスは立会いとなりますので必ず事前予約をしておくこと。

④引越当日は、荷物を取込んで新しいお住まいへ移動します。
 (この時、原則移動手段はトラックで一緒ではなく、自分で移動します)

⑤新しいお住まいに荷物を搬入して引越料金をお支払して終了となります。

【引越体験談】
2社に引越見積もりを依頼したのですが、7万円~14万円と非常に大きな差
があって驚きました。理由は、当日に荷物が梱包されていなかった場合と
しっかり梱包されている場合との違いだったようです。

少しでも費用を抑えたかったので、自分でしっかり梱包するプランにして、
A社→6万円、B社→7万円となり、約1万円の差額が・・・。
普通は安い方に決めるのが自然の流れではありますが、B社の1万円高い
引越業者を選びました。理由としては、最初の電話応対や質問の受け答えなど、
とっても親切丁寧だったのが決めてとなりました。
実際、当日の作業員さんたちもとても手際よく丁寧に作業を進めてくれて、
何事も問題なく引越作業が終了しました。

【体験者よりアドバイス】
・エアコンを移動する場合は事前に伝えておきましょう。
・電化製品を新たに購入する場合は引越作業が午前中なら午後に電化製品の
 納品依頼をしておくとスムーズですね。(設置は電気屋さんにお願いしましょう)
・照明とカーテンは早めに段取りをしておくと荷解き作業もスムースですよ。
・引越の梱包内容にはいくつかコースがあります。
 荷物から荷解きまでお任せコース、自身で全て梱包等々、
 その他費用もさまざまですが、自分に合ったコースを相談して選びましょう。
・現在住んでいる家に不用品がたくさんある場合は、費用はかかりますが
 不用品かたづけ業者に依頼する方法もあります。(お安い業者ご紹介します)


引越2

 

 

 

 

江戸川区周辺の不動産のことならトキビル不動産

03-5676-3711営業時間 10:00~18:00 定休日 水曜日
おすすめ不動産コラム

トキビル不動産がおすすめするコラムをご紹介